logoMatoba Pearls
MATOBA PEARLS STORY| COLLECTIONSINFO&NEWS| LATIN MUSIC| ACCESS| CONTACT US|
         
沿革
的場テルと真珠の半世紀
的場テル 戦後、疎開先の新潟、高田市でアメリカ兵相手にガレージ セールをきっかけに、東京に戻った後、郵船ビル内で売店を開き、事業を広げていき、ついには日活会館のアーケードに真珠店を構えた前社長、的場テルさん。
華々しくマトバパールを発展させた様に聞こえましょうが、実際には「経験したこともないような苦労を、文字通り血の出るる気持できりぬけてきた。」(S34.7.1発行"婦人画報")のです。

"婦人画報"で掲載された瀬戸内晴美さんによるエッセイ "マダム論"で当時女性が働くことがあまり一般的でなかった中、的場テルさんは「トップ・レディー」の一人に選ばれ、紹介されました。

「人間、何だって、やる気になればやれるものよ。やらない人は、やつてもみない前から、やらないときめているんじゃないかしら、あたしだつて、自分にこんな事ができる力が あるとは、夢にもいおもわなかつたんですからね。」
(同エッセイの対談より)

この言葉にマトバパールが50年以上続き、お客様に愛して いただけている理由があるのだと信じています。
昭和21年
(1946年)
“MRS. MATOBA'S CREATION”として、丸の内にある連合軍接収N.Y.K.ビル(日本郵船ビル)内に創業
昭和25年5月
(1950年)
東京都千代田区に株式会社マトバを設立
昭和27年3月
(1952年)
日活国際会館日活ホテル(現、ペニンシュラホテル)完成と同時に、同ビルの地下1階
アーケードに店舗を出店し、本格的に“マトバ真珠宝石店”として事業を開始。



昭和29年2月1日
(1954年)
世界的スターのマリリン・モンロー来店。アコヤパールネックレスを購入。

昭和45年
(1970年)
同ビルは日活株式会社から三菱地所株式会社の所有となり、オフィスビル日比谷パークビルへ変更。
昭和59年
(1984年)
初代社長的場實の死去に伴い、的場テルが社長に就任。
平成3年2月
(1991年)
第1回恵まれないラテンアメリカの子供達の為のチャリティーパーティーを開催し、
以後毎年2月に開催する。
平成3年6月
(1991年)
創業40周年記念パーティーを明治記念館にて開催。

平成13年3月
(2001年)
日比谷パークビルの取り壊しが決定

平成13年6月
(2001年)
創業50周年記念パーティーを虎ノ門パストラルにて開催
平成16年4月
(2004年)
帝国ホテルタワーへ移転。新社長に的場博子が就任。
平成23年9月
(2011年)
帝国ホテルタワーから現住所に移転。現在に至る。
平成27年2月
(2015年)
2月17日、的場テル、帰天(94歳)
    Copyright © 2010-2017 Matoba & Company, INC. All Rights Reserved.
当ホームページ掲載の記事、写真等の無断掲載を禁じます。

Everything in Pearls -Matoba Pearls-[TOP]へ